物語の途中

あかあたな

 

ハッピーエンドという

終わりがあるのなら

その涙は物語の途中かもしれない。

笑顔は幸せの隠し味

昨日より今日

ひとつでも多く

笑ってみようよ。

昨日よりひとつ幸せに近づいている気がする。

明日はもっと近づく

大きな幸せに

 

 

つまらないこと

10年前は、真剣に悩んでいたことも、今になると

つまらないことで悩んでたなって、思うこともあるでしょ。

今の悩みが十年後、つまらないことだったなぁって思うかもね。

 

人間関係

世界中の人に愛されることなんて不可能。

がんばって好かれようとすると余計しんどくなるだけ。

大事なのは、相手から愛されようと願うより

相手を愛そうと思う気持ちが大事。

自分の良い所を見せるより

相手の良い所を見つけるようにしよう。

 

100%自分

自分を愛するのに

なにも完璧じゃなくていい。

ありのままの自分を受け入れればいい。

誰でも自分の好きなところ

ひとつはあるはず。

その一つを100%愛してあげて。

 

 

 

人生を語るなら

苦労話で人生を

語ることも悪いことじゃないけど

人生を語るなら好きなことで表現すればいいと思う。

喫茶店のマスターは、

コーヒーを通して人生を語り

美容師は、

ハサミを通して人生を語り

登山家は、

山を通して人生を語り

書道家は、

筆を通して人生を語る。

変態は、

女性の下着で

人生を語る(笑)

あなたは、何で人生を語る?

 

ダサくても構わない!!

十代の頃、早く大人になりたいと思っていた。

しかし、

年を重ねるごとにあの頃に戻りたいと思うようになる。

あの頃の自分は、バカみたいな大人になりたくないなって思っていたのに

そんなバカみたいな大人が今、鏡に映っている。

(職場では)高卒の入社三ケ月の新人にタメ口で話され、

家に帰って、娘に「(お風呂)パパの後はイヤ。だって、変な毛が浮いてるもん」って言われる。

悲しくて、ハンカチで涙を拭いた。そのハンカチに書いてあった言葉は、

相田みつをで『一生青春』

 

 

偉大な悩み

テレビでドキュメンタリー番組で

「地球温暖化と戦う男」

「原子力0で発電」

「宇宙に小型ロケットを飛ばす男たちの物語」など

夢を叶えるため闘う人がいる。大きな夢ほど大きな壁が現れる。

本気で立ち向かうから本気で悩む。

俺の悩みとレベルが違う。

レンタルビデオ屋で新作を今借りようか、もしかしたら明日には準新作になって一週間借りれるかもしれない。

でも今借りないと誰かが借りてしばらく借りられなくなる。

もし、新作の値段で借りて面白くなかったらどうしよう。

頭の中でずっと繰り返す、その場で二時間ほど悩む。

結局借りなかった。

 

「今の悩みは、今の自分に値する」